愛とロマンな日常

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛とロマンな日常

私の私による私のためのブログ

ファイブフォックスのファミリーセール。子供服をまとめ買いすると満足度高し。

子供服って大人服に比べると単価は安いのですが、1・2年もするとサイズ的に着れなくなっちゃいますよね。

西松屋さんなど、非常に安価で子供服を提供してくれるお店はあるのですが、数点は頑張ってお出かけ用の服を揃えてあげたいのが親心。

とはいえ、一着数万円もする服を1・2年間しか着ることができないのは、庶民には切なすぎる話です。

私が好きな子供服ブランドは、ファイブフォックスコムサフィユ・コムサエンジェル・コムサフォセット・コムサコミューンのキッズ向けアイテム。ベーシックなデザイン、かつ上品な質感がお気に入りです。他でなかなかないのですよね。子供服というと、派手派手しいデザインやロゴが前面に押し出されているものが多いですが、あまりかわいいと思わん。

ですが、お高いのですよ。ワイシャツ一着1万円とかね。4・5年着てくれるのであればまだいいのですが、子供ってすぐ大きくなるので、もって2年。さすがにそこまですると贅沢かなと。でも、かわいい服を着せたい。

と、いうわけで、以前記事にあげたファミリーセールを活用というわけですよ。

aiwakatsu.hateblo.jp

今年も、ファイブフォックスファミリーセールの招待券を入手する機会がありますので、原宿にあるファイブフォックスの本社まで、出向いて参りました。

ファイブフォックスファミリーセール、特に子供服ブランドにおいては、正直ハズレ無しです。スタンダードなアイテムが正価の50%~70%オフ。よく探せば、売れ残り品ではなく、プロパー品だろコレ。というアイテムが豊富にあります。

目移りして、絞り込めないくらいです。

途中、飽きてきた息子の「早く行こう」攻撃を、会場で無料で配布していただいてる飲み物(ジュース・お茶)を飲ませてかわしながら、今回ゲットしたアイテムは以下の通り。

コムサフィユのショートパンツ。ポケットがオシャレ。質感〇。7,600円⇒3,800円(50%off)

f:id:aiwakatsu:20170423101644j:plain

コムサフィユのカラーチノパン。カーキ色がキレイ。テーパード具合がいい。7,200円⇒2,160円(70%off)

f:id:aiwakatsu:20170423101722j:plain

コムサコミューンの半袖ボタンタウンシャツ。ベーシックなデザイン。質感〇。9,200円⇒2,760円(70%off)

f:id:aiwakatsu:20170423101854j:plain

コムサエンジェルのTシャツ。デザインがかわいい。質感も〇。5,600円⇒ 1,680円(70%off)

f:id:aiwakatsu:20170423101935j:plain

イーストボーイのTシャツ。これは普段着用に追加。1,200円⇒840円(30%off)

f:id:aiwakatsu:20170423102015j:plain

コムサフィユの革ベルト。質感〇。4,200円⇒1,260円(70%off)どうせ必要ならば革ベルト。

f:id:aiwakatsu:20170423102047j:plain

 

以上、6点。これだけ買って12,500円+tax。これは満足度高し。70%オフが多いです。コムサイズムのアイテムもあるのですが、正直、上位ブランドのコムサフィユ・エンジェルのアイテムがこの価格で出ていると、ちょっと検討対象から外れてしまいますね。

いつも通り、ファミリーセールですから、店員さんの目を気にすることなく、「いるものはいる。いらないものはいらない」でアイテムを選んでいけるのがいいです。試着もしっかりとさせていただき、心ゆくまで厳選することができました。(といっても、常識の範囲内で試着・物色しましたよ。マナー大事。)

小心者ですので、店員さんに声をかけられると、逆に気をつかってしまい「買わないと店員さんに悪いな」となってしまうタイプなので、値段もさることながら、この点が非常に重要なのです。

次は秋口。冬物を探しにまた参加したいですね。

阪神タイガース暗黒時代の名場面②巨人・槙原投手との不思議な相性

世の中には不思議な縁といったものがある。これは否定できないと思います。

タイガースファンで、巨人の槙原寛己投手に悪い印象を持っている人はあまりいないのではないでしょうか。

槙原投手は、タイガースファンの間で後世まで語られるような伝説的なシーンで、相手投手として二度登場しているのです。

伝説のバックスクリーン3連発。相手投手は…?

タイガースファンにとって最も印象的なシーズンといえば、バース・掛布・岡田を中心とした猛虎打線を擁して、1985年の日本一となったシーズンが挙げられます。そのシーズンを象徴するようなシーンとして今も語られるのが、4月17日の対巨人2回線で放たれた、バース・掛布・岡田によるバックスクリーンへの3者連続ホームラン。

この日を境に猛虎打線に火がついて、タイガースはセリーグを制するのですが、このバックスクリーン3連発の相手投手が、槙原寛己投手でした。

槙原投手自体は決して悪い投手ではありません。キレの良いストレート・フォーク・スライダーを駆使し、特に90年代の巨人投手陣の柱として活躍。1994年には完全試合も達成しています。

しかし、相手とシチュエーションが悪かった。この年のタイガース打線は良い選手がそろったうえで、その選手全てが好調で、本来の実力が発揮されるという、奇跡的な条件が整っていたのです。

クリーンナップの3人がシーズン中欠場もなく、全て規定打席に到達し、さらに3人とも3割を打ち、ホームランを30本以上打つ打線というのはあまり見たことがありません。さらに1番打者の真弓までが、3割・30本を達成していたのですから、相手投手にしてみたら、相当な脅威だったでしょう。

誰かが火付け役にならなければならない。それがたまたま巨人の槙原投手であったに過ぎません。

相手がにっくきジャイアンツの投手だった。そして、球場が甲子園であった。…槙原投手には気の毒ですが、タイガースファンが後々まで語り草にするには十分な条件が揃っていたのです。

暗黒時代に光り輝く敬遠球サヨナラタイムリ

それから14年後の1999年シーズン。槙原投手は巨人の先発の柱として活躍したのち、ストッパーに転向。タイガースは1985年の日本一ののち、長期にわたる暗黒時代に突入。現状打破のために、スワローズを日本一に導いた野村克也を監督に迎え、チームの立て直しを図っていました。

当時のタイガースファンはいまだに85年の栄光を夢見て、毎年最下位争いを繰り広げているチームを応援し続ける暗黒の時代でした。

毎年、折り返しとなるオールスター戦くらいまでは上位にいるのですが、シーズンが終わってみると定位置である最下位が確定している。その繰り返し。

この1999年も、野村監督を迎えてスタートダッシュをキメて、6月12日の巨人戦の段階ではまだかろうじて首位を維持。しかし、この試合に負けると首位陥落が決まるという瀬戸際まで追い込まれていました。

また、ここ十数年繰り返されてきたシーズンと同じく、首位陥落ののち、ずるずると定位置、最下位におちていくのか。

半分、諦めの気持ちで迎えた巨人戦です。

試合は延長戦にもつれ込み、4-4で迎えた12回裏。一死一三塁で4番、新庄選手の登場。新庄選手は当時、野村監督が唯一特別扱いしていたタイガース随一のスター選手でした。新庄選手は記録に残る数字はありませんでしたが、巨人の長嶋選手同様、記憶に残る選手でした。

巨人の投手は槙原。実力はあるのですが、ストッパーとしては今一つ存在感を示しきれていませんでした。そして、14年前に伝説のバックスクリーン3連発を献上してくれた投手です。

千両役者の新庄にはうってつけの場面。ここで、巨人バッテリーは4番の新庄を敬遠します。

敬遠のボールにしては、あまく入った1球目を新庄は見逃しませんでした。打てそうだと感じた新庄は、柏原打撃コーチに目で合図をおくったそうです。コーチからは打ってよいとの返答。

そして、2球目。先程よりもさらに甘く入った敬遠球を新庄は大根切りのようなスイングでひっぱたきました。ボールはガラ空きとなっていた三遊間を抜けてレフト前に。

見事なサヨナラ安打となりました。沸き立つ甲子園。テレビ観戦していた私も鳥肌の立つシーンでした。槙原ありがとう。

タイガースの暗黒時代を彩る、数少ない名場面。いかにも新庄らしい演出でした。

www.youtube.com

「明日も勝つ」!?

このエピソードにはおまけがあります。この日のヒーローインタビューで新庄は「明日も勝つ」と声高らかに宣言。しかし。その宣言に反して翌日の新庄は巨人上原の前に5打数無安打。チームも敗戦。その後、新庄は9月にサヨナラ本塁打を打ち、ヒーローインタビューでもう一度「明日も勝つ」と宣言しますが、その次の日からなんとチームは12連敗の球団記録。あれよあれよという間にチームは最下位に転落。この年も例年通り最下位でシーズンを終えることとなりました。

その後、ヒーローインタビューで「明日は勝つ」はタブーとされています。

宇宙人・新庄らしいエピソードですよね。

恋するふたり-大瀧詠一 歌詞考察

いよいよ暖かくなってきて、春本番という感じですね。私が毎日通っている三越脇の江戸桜通りの桜も満開です。

さて、昨年の秋には当ブログで、松田聖子の名曲「風立ちぬ」を取り上げましたが、その春版といわれている大瀧詠一の「恋するふたり」。

いくつになっても春を感じることのできる名曲ですね。

2003年5月に発売され、大瀧詠一にとって最後のシングルとなった曲でもあります。今日はこの曲の歌詞を考察していきたいと思います。

www.utamap.com

 

春はいつでも~恋の予感響かせ

出だしのメロディーが「風立ちぬ」とそっくり。

ストレートでわかりやすい歌詞。確かに、いくつになっても、春はなぜか心が騒ぎ出します。悪い気分じゃない。

Boy meets girl~めぐり逢う

やっぱり人と人との出会いって奇跡なのでしょうね。運命的な巡り合わせがないと、恋愛対象として出会うことってめったにない。誰にでも出会いってあるのですけど、意図的に出会うことってできないんですよね。

甘い君の~色づいていく

人ってなぜいくつになっても恋に落ちるのでしょう。そんな感情忘れかけていたはずなのに、不意にスイッチが入ってしまうのです。

虹の彼方に~ステキな夢を見る

スイッチが入ったら止まらない。色々と妄想をする。妄想は自由ですからね。でも、大きくなった妄想が現実の自分を突き動かすのです。

揺れてふいに~小さくふるえてる

相手も同じ気持ちだったらどんなに幸せだろう。それがシンクロした瞬間の幸福感・高揚感といったらないですよね。

Boy meets girl~さらわれていく季節

そうなったらもう戻れません。世界のすべてがこの出会いを中心に回り出すのです。

濡れた瞳見つめ~静かに抱きしめる

相手を愛おしく思う気持ち、相手も自分をおなじように思ってくれている証の濡れた瞳。それでも、一抹の不安を感じながら、愛の言葉を伝え、相手を抱きしめる。想像しただけで、カラダが震えますね。

燃える日射しが~恋の余韻響かせ

だんだん日差しが強くなる季節。じりじりと静かに、でも力強く二人を焦がす。なぜか春から夏にかけての日射しって、心を切なくさせますよね。なぜなんでしょう。それがうまく表現されていて臨場感に拍車をかけます。

Boy meets girl~裸足の夏を待つ

そうなんです。言われて気づくのですが、なぜか春って夏が待ち遠しくなる。そしてその夏が永遠に続くような気がするのです。秋や冬のことは考えられない。バカですよね。夏なんてあっという間に終わって、すぐ秋が来て、冬になるのに。

君のまぶしい~溶け込んでいく

恋する気持ちって、決する満たされることのない気持ちなのですが(そのおかげでいつまでも恋する気持ちを抱くことができる。満たされればその瞬間に終わってしまいますからね。)、相手に見とれているうちは、それが中和されるような気分になります。

春はいつでも~恋の予感響かせ

歳をとっても恋する気持ちはなくしちゃいけませんね。人生を頑張る原動力ってそんなにない。そりゃ一握りの成功者は日々の自分の成功が原動力になるのでしょうが、普通に年取っていくその他大勢の人は、恋心こそが数少ない人生を頑張る原動力になるのです。それを思い出させてくれるこの歌詞とこのメロディーは素晴らしい。

Boy meets girl~さらわれていく季節

もはや四十を越えて、そんな機会もないし、実際に恋をするわけではないですが、常に人生にロマンは求めたいものです。そんな気持ちを思い出させてくれるこの曲は名曲。大瀧詠一はこの曲を作ったときに55歳。55歳でこの感性。恋愛の神様といっていいですね。若くして亡くなられて、残念です。

恋するふたり

恋するふたり

 

 

【スラムダンク】もしも私が神奈川県新興スポーツ校の監督だったら独断と偏見で誰をスカウトしチームをつくるか妄想した

スラムダンク世代です。私史上過去これ以上面白かったスポーツ漫画はありませんし、これからもないでしょう。

週刊誌の連載漫画にしては、終わり方もスマート。若干伏線が張りっぱなしで終わったところもありますが、これ以上ない展開で完結し、読後の後味も良いです。

そんなスラムダンクですが、何回も読み進めているうちに、世界に入り込みすぎて、「ああ、オレならこうするのになあ」「これがこうだったらなぁ」と思うことが沢山あります。

今日はそんな中で、自分が神奈川県の新興スポーツ校のバスケ部監督だったら、物語の舞台となった年代にこんな選手をスカウトしてチームを作っていただろうなという「IF」を記事にしてみます。

ポイントガード

PG(ポイントガード):牧紳一

ポイントガードについては、文句なしで牧を引っ張って来たいですね。ただし、一年生から強豪海南大付属でレギュラーを勝ち取っていた彼は、中学時代から有名選手だったことが予想されますので、苛烈な争奪戦を勝ち抜かないことには、獲得はできないでしょう。

選手にとって海南大付属の魅力は、県下ナンバーワンの強豪であることから、全国大会にいける可能性が高いこと。それを上回る魅力を選手に提示しない限りは牧獲得はおぼつきません。

一方で牧のライバルである翔陽の藤真は安パイかなという気がします。監督不在のチームによく入学したもんだと思うくらいですから、しっかり監督としてスカウトできれば、獲得は可能でしょう。

湘北の宮城はその翌年の選手ですし、中学二年生時からそこまで名が通っていたとは思えません。おそらく牧世代のスカウト活動時に気付くことはなかったでしょう。

第一希望は牧。獲得できなければ藤真。どちらも獲得できなければ、その翌年に宮城を狙うというのが、ありきたりですが鉄板の流れでしょう。

シューティングガード

SG(シューティングガード):三井寿

リアルに考えていくと、中学時代は無名で高校時代に大きく伸びた選手については、スカウトで引っ張ってくることはできません。

結局、3Pシューターとしては海南大付属の神宋一郎が実力面で上回るのですが、神の高校入学時のポジションはセンター。センターとしての神をスカウトすることはないでしょうし、その段階で神のシューターとしての実力を見出すことはできないです。

一方、中学時代の実力で考えると、どのポジションで使うかは別として、スカウト時においては、三井は魅力的な選手に見えるでしょう。メンタル・フィジカル両面での脆さはありますが。

しかし、安西監督の影響から、彼を湘北から争奪し、獲得するのは難しいと思われます。どうしても獲得するなら、怪我をして道を外れたタイミングで、しっかりとメンタルケアし、転校させるという手もあるかもしれません。

もっとも、三井は気持ちで動くタイプの選手ですので、彼の実力を開花させることができるかどうかは、また別の話となりますが。

というわけで、SGかどうかは別として、まずは三井寿を第一希望で、獲得に向かう。彼が無理なら、他のポジション用に獲得した選手を育てていくということになりそうです。

スモールフォワード

SF(スモールフォワード):仙道彰

一年生時に公式デビュー戦で湘北相手に一人で47得点を獲得する実力があったことや、陵南の田岡監督が東京の中学から引っ張ってきたことを考えると、仙道は中学生時から相当名を馳せた選手であったことが考えられます。

実力から考えても、仙道争奪戦には必ず参加したいところです。

ただ、陵南の田岡監督も、おそらく監督人生をかけて獲得に動いていただろうし、争奪戦は相当過酷なものになることは想像に難くありません。

その前年に、翔陽の永野や高野のフォワードコンビの獲得に動くのもありですね。上背があるので、磨けば光る可能性を想定しての獲得です。

また、仙道を獲得できなかった場合は、翌年の湘北・流川の獲得活動も必須です。流川も中学時代から相当有名な選手だったようですので、仙道世代(流川二年生時)においても、すでに翌年の「要チェック」選手だったでしょう。それを見据えて仙道をあきらめ、早めから流川にアプローチするのもありかもしれません。

ただ、流川がスカウトに興味があるかどうかが問題ですが。

永野・高野のどちらかを獲得。その翌年に第一希望仙道、獲得できなかったら翌年の流川に備えることとしたいです。

パワーフォワード

PF(パワーフォワード):花形透

湘北の桜木花道、陵南の福田吉兆の実力者2名は、どちらも高校に入ってから実力を付けたタイプ。中学生時代の彼らをスカウトするのは選択肢としてはありません。

構想としては、陵南の仙道・湘北の流川、どちらも獲得して、どちらかにPF的な動きを任せるパターン。陵南の田岡監督の構想にもあった布陣ですね。これは理想形ですが、実現する可能性は低そうです。

また、翔陽の永野・高野のどちらかを獲得していた場合は、そのどちらかをPFに据えるのもアリですね。

現実的なのは、翔陽の花形。湘北の赤木や陵南の魚住といったパワー派のセンターを獲得したうえで、PFにまわすのも魅力的です。海南の高砂もいいです。

この世代の神奈川県勢は、年代を経るごとにセンター候補となるような選手がいなくなるのですよね。フォワード候補の選手は多くなるのですが。

結論として、現実性も加味すると第一希望は花形ですね。次点が永野・高野。翔陽に寄っていくなぁ。

センター

C(センター):赤木剛憲

「中学生時代の有名度」を考えると、順当に考えれば、翔陽の花形か海南の高砂、その次に魚住。湘北の赤木はスカウト対象から外れるのですよね。ただここは曲げて自分に赤木の才能を見抜く力を期待したい。

身体の大きさはあるのですよね。一年生時に魚住が赤木に気づいていたように。ただ、磨きが足らず、まだ才能が開花していなかった。

ですが中学生時の赤木に、その後の才能を見抜ける要素は色々とあったと思われます。体格の良さがその最たるものです。魚住も「ビッグジュン」と呼ばれていた身長の高さはありましたが、赤木と比較すると線の細さが否めません。

赤木の実力を見抜けなかった場合は、翔陽の花形が第一希望。魚住は線の細さが見え隠れして自分的には食指が動きません。人間としては、母性本能がくすぐられるいいヤツなんですけどね。

本命赤木・第二希望が花形。

結果発表

結果発表です。

PG:牧紳一

SG:三井寿

SF:仙道彰

PF:花形透

C:赤木剛憲

結局オールスターチームが出来上がりますね。ありきたりな結果になってしまった感があります。強いは強いのでしょうけど。

三井がひねくれてうまく育たなそうだな。

 

下町の洋食屋さん「レストランカタヤマ」で名物ステーキを食す

東向島の「東武博物館」に息子を連れて行った帰り、せっかく東向島まで来たのだからと、ミシュランガイドでビブグルマンに評価された近隣の老舗洋食屋さん「レストランカタヤマ」で名物ステーキを食べてきました。

オージービーフのランプ部の赤身肉でも、「駄敏丁カット」と呼ばれる特許を取得した技法で脂や筋を取り除き、柔らかく頂くことができるとの評判です。

お店の場所や雰囲気

東向島駅から歩くこと10分。墨堤通りと明治通りの交差点付近に、目指すお店がありました。

f:id:aiwakatsu:20170326122800j:plain

お昼時は混雑し、待ちが発生するようで、お店とは別に待合スペースが設けられているほどですが、私たちは15時30分頃にお邪魔しましたので、待ちはなく、すんなりと入店することができました。

店内は昔懐かしい感じの「町の洋食屋さん」。学生の頃を思い出しますね。いい雰囲気です。

今回は子供連れでしたので、ソファー席に案内していただきました。

メニューについて

さすがに和牛はいいお値段がしますが、オージービーフを使用したグラスステーキは260gで1720円(税込)。若い頃はまだまだ食べることができたのですが、40歳を超えると、この量でも十分です。

ステーキ以外にも定番洋食があり、どれも魅力的です。期間限定の牡蠣フライもおいしそうですね。子供向けの「ブーブーランチ」「ブーブステーキ」メニューもあります。

でも今日は、推しのステーキから。というわけで、

私は「グラスステーキ定食260g」1720円(税込)

連れは「リーンステーキ定食150g」1360円(税込)

息子に「ブーブーランチ」720円(税込)

をオーダーしました。

熱々鉄板と絶妙な火入れ

定食とありますので、ライスとお味噌汁、サラダ付きです。

まずサラダが提供されます。ドレッシングが美味しい。

f:id:aiwakatsu:20170326122928j:plain

続いて、ステーキと味噌汁、ライスが提供されます。ライスはちょっと少ないかな。大盛りができるならすればよかった。(未確認)

ステーキは鉄板で提供。付け合わせにナポリタンとミックスベジタブル、ポテトが載っています。鉄板は熱々で、ステーキはジュージュー言っています。

f:id:aiwakatsu:20170326123008j:plain

ステーキはかなり厚めのカット。歳をとるとレア気味のお肉は食べれなくなりますので、今回はミディアムで頼みました。

ミディアムでも中はレア気味な焼き上がり。けれど、鉄板が熱いので食べ進めていくうちに程よく火が入っていきます。そうですね、これで最初からミディアムに焼き上がっていれば、最後には火が通り過ぎになってしまう。

f:id:aiwakatsu:20170326123139j:plain

肉を喰らう感に満足

これだけ厚みのある赤身肉のステーキなのに、固くない。さすが「駄敏丁カット」、特許をとったというだけはあります。皆さんが口コミされているように肉食ってる感が半端ないです。

ステーキソースも、付け合わせナポリタン、ポテトも美味しいですが、味付けは薄めです。お好みで卓上にある塩・胡椒を振って食べるのが吉だと思います。

確かに和牛と比較すると旨みはありませんが、たくさんお肉は食べるなら、こちらの方がいいですね。これだけの量の和牛を食べると食べた後に胃もたれしますが、今回はまったく胃もたれしませんでした。食後の爽快感というか、力が漲ってくる感すらありましたよ。

f:id:aiwakatsu:20170326123217j:plain

完食。これでこの価格ならば、コスパよし。満足感が高いです。

息子に頼んだ「ブーブーランチ」もかわいらしい車の食器に、本格的なハンバーグ・エビフライ・ウインナー・ポテトサラダなどが入っており、美味しそうでしたよ。完食しておりました。

スタッフの皆さんも洗練された接客ではないですが、温かみのある接客で、お冷の補充も頻繁に行っていただき、好感が持てました。

また近くまで遊びに来た際には、再訪させて頂きたいですね。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:洋食 | 東向島駅鐘ケ淵駅

1日1食ダイエットを3年続けた時のコスト効果について考えてみた

軽い気持ちで1日1食ダイエットを始めてそろそろ3年が経過しようとしています。

体調面・体重面については、以前記事にアップした通り、私にとっては一定の効果があったようです。

aiwakatsu.hateblo.jp

毎日、昼休みになると、オフィスをでて周辺を散策し、気分転換していることも、別記事でアップしました。

aiwakatsu.hateblo.jp

散策中は仕事を忘れ、色々な考え事をしながらブラブラと街歩きをしているのですが、ランチ営業の飲食店の看板を見ながら、ふと考えたことがあります。

昼食を外で食べていると、毎日700円から1,000円くらい支払っているんだよな。その節約効果ってどの程度なのだろう。

ちょっと調べてみましたので、記事にします。

朝食のコストについて

日経産業地域研究所が2014年に公開した「朝食に関する調査」結果では、自宅外で朝食をとる場合の出費の平均値は481.1円だったようです。

bizacademy.nikkei.co.jp

結構かかっていますね。毎月20日間出勤日があったとして、20日x480円で、毎月の朝食コストは9,600円であったと考えることができます。

昼食のコストについて

では、昼食はどうでしょうか。

こちらは新生銀行が発表した調査結果を記事にしているブログページを参照にします。

www.garbagenews.net

これによると2016年のサラリーマンの昼食代の平均値は587円だったようです。朝食と大して変わらないのですね。

これも同じく20日出勤した場合の月間昼食コストは、587円20日で算出すると、11,740円と考えることができます。

3年間の節約効果の合計値は

月間の朝食+昼食コストを合計すると、9,600円+11,740円=21,340円

1日1食ダイエットを実施すると、月間21,340円の節約ができていたと考えることができますね。これは結構大きいですよ。

年間で考えると、21,340円x12ヶ月=256,080円

私は3年間このダイエットを続けてきましたので、256,080円x3年=768,240円節約してきたことになります。

768,240円あれば何ができるか。3年間ダイエットをしてきたご褒美に、私が夢にまでみているANAマイルを使ってのモルディブへの家族旅行に行くこともあながち夢ではないようです。

まぁ、そうやって浮かしたお金は日々の生活費の足しとなって消えていっていますので、何も残ってはいないのですがね。。。

これまでのダイエット効果まとめ

体重:10kg減(そのまま2年キープ)

体質改善:血液検査の値が好転(私だけかもしれませんが)

昼休みの有効活用:食事以外に時間を使えるので、気分転換ができるように。

節約効果:年間約256,000円の食事代削減

人によって向き・不向きがあるものだと思います。私にとっては、非常に相性のよいダイエット方法だったようですね。

以前の記事にも書きましたが、やはり出口戦略、止め時が問題のように思われます。そもそもやめることができるのだろうか、が不安ではありますね。

四十歳を過ぎて白髪が目立ってきたので無添加を謳っている白髪染めを試したみた

父親サザエさんの波平さんバリの髪型をしておりましたので、自分も薄毛になるんだろうなと覚悟しておりましたが、薄毛にはなりませんでした。

その代わりといっては何ですが、40歳を超えたあたりから白髪が目立つようになってきました。

白髪があるだけで一気に10歳分くらい老けて見えるのでなんとかしたいのだけど、美容院でカラーをすると高いし、かといって市販の白髪染めはババくさいし、本当に染まるかどうかもわからないからと、ほったらかしにしていました。

そんな中、ポイントサイト「ハピタス」を見ていたら、「LPLP(ルプルプ)」という白髪染めの案件がでていましたので、試してみることにしました。

ポイントサイト「ハピタス」の登録はこちらから

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

LPLP(ルプルプ)のホームページ

www.626214.com

今回利用したプラン

定期購入プランと初回お試しプランがありますが、まず最初はどの程度の効果があるかわからないので、初回お試しプランで試しました。

ポイントサイトをうまく活用すれば、初回お試しプランをほぼ無料で試すことも可能ですね。(時期にもよるようです。できない場合もあります。)

定期便には、特典でブラシや手袋などが付いているようですが、初回お試しプランはシャワーキャップとチューブだけが送られてきます。でも、ほぼ無料ですからね。最初はこれでよし。

商品ページを見ていると、毛染めもそうなのですが、トリートメント成分が多く含まれており、トリートメント効果もあると謳われています。ま、白髪が染まればよいのですが、髪が痛まなければうれしいですね。

使い方

使い方は簡単です。

適量を手に取って、髪につけ、ブラシをしてムラなくなじませる。その後、シャワーキャップをかぶって30分放置して色を定着させる。30分放置したら髪をすすいで終わり。

キッチン用のビニール手袋を使えば、手が汚れなくていいですね。また入浴前に使用して、そのままシャンプーをしてしまえば、すすぎも簡単です。

いやなニオイもなく、ほんのりとラベンダーの良い香りがします。

これは手軽でよいです。

毛染め効果について

チューブに同梱されていた説明書きにあるように、1回だけでは完全には染まりません。3回程度連続使用して色が入ってくるようです。

たしかに一度目は、あまり効果を実感できませんでしたが、二度目でうすく色が入り、三度目で白髪が目立たなくなりました。

使用後も髪がパサつかず、髪へのダメージもあまりないようです。

最初に週に一度、三週間連続で使用して、色が定着した後は、隔週程度で使用しています。それで効果が継続しています。

思ったより効果があるので、使い続けてもよいかなと思いますね。

 

お試しプランの1本が終わったら他の商品も試してみて、定期購入を決めようと考えています。他の商品を試した際には、また記事にします。

LPLP(ルプルプ) ヘアカラートリートメント モカブラウン 200g

LPLP(ルプルプ) ヘアカラートリートメント モカブラウン 200g