愛とロマンな日常

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛とロマンな日常

私の私による私のためのブログ

ミート矢澤のサーロインコンボ弁当をテイクアウト

息子がまだ小さい(4歳)ので、あまり外食はできないです。もっと小さい子供を外食に連れてまわして喜んでいるお母さま方もいらっしゃいますけどね。ちょっと私には真似できません。

まぁ幼稚園にもあがったことだし、本人も外食好きなようですので、そろそろもっと連れて行ってもいいのかなぁとは思っていますが。。。(回転ずしなんかにはよく行ってます。息子は「くら寿司」ラブのようです。)

と、いうわけで、テイクアウトできる美味しいものが好きです。家飲みのほうが落ち着くしね。そのまま寝れるし。

 

f:id:aiwakatsu:20160506224556j:plain

というわけで、大丸東京店地下にある「ミート矢澤」にて、私お持ち帰り史上、最高値の弁当をテイクアウトしましたので、自分記念に記事にしておきます。おなか減った方はぜひご一読ください。

「ミート矢澤」とは

ミート矢澤のホームページにはこのように紹介されています。

最高級黒毛和牛の精肉卸 株式会社ヤザワミート。この、業界屈指のクオリティーを誇る精肉卸会社が直営するステーキ・ハンバーグ専門店がミート矢澤です。
 ミート矢澤では、最高級黒毛和牛の中から、熟練した職人の目で選び抜いたものだけを使用し、厳選素材のポテンシャルを最大限に生かした黒毛和牛料理をご提供いたします。精肉卸直営だからこそ実現された、ハイクオリティーとリーズナブルプライス。肉のワンダーランドへ是非お越し下さいませ。

著名人にもファンが多く、いつも行列の絶えない、五反田にある黒毛和牛専門のステーキ・ハンバーグレストランです。 

kuroge-wagyu.com

ドメインも黒毛和牛ドットコムだもんな。数々のグルメブログに登場している、ブロガーの登竜門ともいえるお店でしょう。避けては通れぬ。

売り切れ続出

さて、そんな「ミート矢澤」のテイクアウト専門店が大丸東京店地下にあるというので、やってきました。というか、大丸東京店地下にはよく来るし、いつかは買おうと指くわえて見てたんですけどね。

ゴールデンウィークさなかということもあり、結構並んでいます。この価格の弁当でもこんなに並ぶんだね。

買いやすい価格帯のサイコロステーキ系は売り切れとなっていました。肉も食いたいなら、必然的に3,200円の矢澤ステーキコンボ弁当が最安値ということに。

f:id:aiwakatsu:20160506230748j:plain

弁当に3,200円。。。ええい!

f:id:aiwakatsu:20160506231222j:plain

結局、嫁さんの分と合わせてサーロインコンボ弁当(3,480円)を2個購入。さあ、帰って食うぞ!

いざ!実食

f:id:aiwakatsu:20160506231718j:plain

注文してから作ってくれるので、少し待つけど、買ったときにはホカホカ。いよいよご開陳です。

f:id:aiwakatsu:20160506231914j:plain

付け合わせはマッシュポテトとコーン、そして生姜。「岩下の新生姜」とコラボしているとのことです。

www.iwashita.co.jp

この生姜がなかなかうまい。味付けも甘すぎず、スッキリと生姜の良さが生きており、絶妙な箸休めとなっています。

さて、肝心のメインディッシュですが、まずは、ハンバーグ。黒毛和牛100%のハンバーグは、箸でわろうとすると、逆に箸が折れそうになり、固い?と思ってしまうのですが、それは表面のみ。しっかりと焼き目がついているため、肉汁がたっぷり閉じ込められており、箸を入れるたびに、肉汁があふれ出します。

濃厚でかつ脂っこくなく、さらっとした肉汁と、中は赤いのに、べちゃべちゃしない食感は、さすがに高級黒毛和牛といったところ。脂の質がよいのでしょうね。絶品です。

そしてステーキ。

f:id:aiwakatsu:20160506232928j:plain

きれいなピンク色です。絶妙の霜降り具合。和牛のランクは脂のさしの入りかたで決まるというのがよくわかります。口に入れると肉が脂とともに溶けてなくなります。ただ、女性やお年寄りなど苦手な人には、すこし脂が多いかもしれないですね。

あっという間に完食。ボリュームも程よく、大満足でした。

こちらのページにテイクアウトメニューが掲載されております。ぜひご参考になさってください。

www.kuroge-wagyu.com

ミート矢澤アンドブラッカウズ 大丸東京 テイクアウトステーション弁当 / 東京駅日本橋駅京橋駅
夜総合点★★★★ 4.0

広告を非表示にする