愛とロマンな日常

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛とロマンな日常

私の私による私のためのブログ

幼稚園の父兄参観に行って息子とフォークダンスを踊ってきた。

子育て

ある週末の土曜日に、息子の幼稚園で父兄参観があるとのことでしたので、行ってきました。

ちょっと前まで赤ちゃんだったわが子が、社会生活をしていることが俄かには信じられず、どんな社会生活をしているのか、非常に興味深かったので、楽しみにしてたのです。

当日は土曜日だったのですが、父兄参観があるので息子は普通に登園していきます。息子が園バスに乗り込むのを初めて生で見ることができました。

ふふん、生意気に普通に乗り込んでいくじゃん。思わずニヤッとなります。

f:id:aiwakatsu:20160627223835j:plain

その後、嫁さんと徒歩で幼稚園に向かいます。梅雨だというのに非常に天気がよく、気持ちのいい朝でした。

さて、幼稚園に到着すると、園児はもう園庭で遊んでいます。早速息子を探します。

お、普通に遊んでいる。息子を呼ぶと、あ、来たんだという表情で迎えてくれました。そして今まで遊んでいた友達に、わざわざ「こちらがお父さんです」と紹介してくれます。昔からのクセなんですよね。誰かれ構わず紹介してくれるの。スーパーのおばちゃんにも、近所のお姉さんにも、必ず紹介してくれる。コッチは恥ずかしいったらないです。

初めて息子の幼稚園児風景を見ましたが、意外にも、なんの違和感もないです。息子も普段通り。友達とも付かず離れず遊んでるし、こちらを必要以上に気にしている風もない。あまりにもの感慨のなさに肩透かしをくらった気持ちになりました。

f:id:aiwakatsu:20160627223913j:plain

そうこうしているうちに、時間になり、園庭で朝礼が始まります。いつも家では人の言うことを全く聞かない息子が、先生の言うことを聞いて整列しています。身長は後ろから2番目。いいね、デカくなれよ。

まずは、園長先生の訓示から。息子はアクビ連発です。おい、ちゃんと聞きなさい。…とはいえ、言ってる意味もわかってないんだろうな。

その他、先生からの話があったり、お歌があったりして、朝礼は終了。そしていよいよフォークダンスの時間となります。

お父さんかお母さん、どちらか1名が出てきてください。と、呼ばれ、事前に嫁さんと譲りあった末、私が出ることに決まっていましたので、息子の横に整列しました。

土曜日の参観なので、やっぱりお父さんが多いですね。まぁ、特に周りのお父さん方と挨拶することもしませんでした。巷では、パパ友とか聞きますが、ないですね。疲れるし。

息子と手を繋いで行進。シャキシャキ動かん子だなぁ。どの子もそうなんですけどね。

f:id:aiwakatsu:20160627223531j:plain

列が円形となるよう定位置について待機。一緒に屈むのですが、む、家でテレビ見てる時のように、膝の上に座ろうとしてる。こら、オレは嫌じゃないけど、恥ずかしいだろ。降りなさい。

円の真ん中で、先生からフォークダンスの説明があります。曲は”帰ってきたウルトラマンのオープニングテーマ”…渋いね〜。歳をとってからの子供なので、私はギリギリリアルタイム世代ですが、今のパパママや先生世代は知らんでしょ、ウルトラマンシリーズ、特に初代とか新マンなんて。

dic.pixiv.net

さて、一通り説明があった後、本番。教えてもらった振り付けをします。こりゃなかなか難しいゾ。特に”怪獣退治に使命を〜”の歌詞で、パンチ、キックをするのですが、手と足を交互に出すのが難しい。

www.uta-net.com

しかし皆の前で踊るのって恥ずかしいですね。多分誰もオレのことなんて見てないんだろうけど、いい歳して必死に踊るのも照れくさい。

帰って来たぞ〜の所では、腕を斜め上にピーンと伸ばすのですが、それすらも恥ずかしい…、というか、それがメッチャ恥ずかしい。

ですが、いい歳したおっさんが照れたりしてるのもさらにみっともないし、じゃあどうせいっちゅうねん!

そんな葛藤と闘いながら、必死に踊りました。なるほど、この葛藤こそが、父親になるということなのだな!

3番までダンスは続き、ようやく終わりが見えてきました。思ったよりも長かったです。最後に、思いっきりお子さんを抱き上げてください!と説明を受けてましたので、渾身の力を込めて抱き上げました。息子も嬉しそうに笑っています。

うん、こんなに喜んでくれるなら、いくらでも付き合ってやるよ!

これまでの葛藤も吹き飛ぶ瞬間ですね。

 

この後、教室でお面を作ったり、歌を歌ったり、父の日のプレゼントをもらったりと、息子が普通に幼稚園児をしているのを見学させて貰い、記念撮影をして参観は終わりました。

f:id:aiwakatsu:20160627223615j:plain

帰り道が暑すぎて私と嫁さんが日射病になりかけたり(息子は平気…子供って強いよね)と、ハプニングはありましたが、思いのほか楽しい1日を過ごしました。

生まれてきた息子に改めて感謝の1日でした。

広告を非表示にする