愛とロマンな日常

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛とロマンな日常

私の私による私のためのブログ

全日本プロレス四天王時代を懐古する

全日本プロレスの四天王時代をご存知でしょうか。

「君は親日派?全日派?」という挨拶がまだ一般的だった90年代、ジャイアント馬場の愛弟子であった三沢光晴川田利明小橋建太田上明の4人のレスラーが、全日本プロレスを舞台に史上最高レベルの激しいバトルを繰り広げていた時代を指します。

f:id:aiwakatsu:20160702113703j:plain

新日本プロレスの「闘魂三銃士」に対しての全日本プロレスの「四天王」、「週刊プロレス」に対しての「週刊ゴング」など、プロレスに纏わって魅力的なライバル関係が業界を盛り上げていた時代です。
まだまだネットが普及しておらず、シリーズ最終戦で組まれるタイトルマッチの翌日には、東京スポーツ系列の大阪スポーツ、通称「ダイスポ」を買って結果を知り、その週の「週刊ゴング」の発売を楽しみにしていたものです。

f:id:aiwakatsu:20160702113524j:plain

テレビ中継のアナウンサーには、その後有名になった方も多く、著名な方では、テレビ東京の新日本の中継をしていた古舘伊知郎さんや、日本テレビの全日本の中継をしていた福澤朗さんが挙げられます。「ジャストミート!」は全日本プロレスのプロレス中継から生まれたフレーズでした。
四天王プロレスの醍醐味は、熱く、楽しく、激しいプロレス、のキャッチフレーズにある通り、とにかく技を受け切って、お互いの全てを引き出した後、決着をつける試合スタイルにありました。

f:id:aiwakatsu:20160702113357j:plain

当初彼らの高き壁であったジャンボ鶴田が、三沢光晴のエグい攻撃を受けても受けても立ち上がってくる姿を初めて見た時は鳥肌が立ったものです。まさに怪物でした。
受けても受けても立ち上がる。これがまさに全日本プロレスの真骨頂でした。深夜に一人、プロレス中継でそんな彼らの姿を観ながら、自身の挫折の経験と照らし合わせ、胸にグッときた方も多いのではないでしょうか。

f:id:aiwakatsu:20160702113245j:plain

そしてもう一つの決定的な魅力は、決して凶器や反則攻撃に頼らない、かといって、打撃やサブミッションに偏らない、王道プロレスを徹底していた点です。
当時は、前田日明や髙田延彦が新日本プロレスから袂を分かって立ち上げていた、いわゆる「U系」と言われる打撃やサブミッションを中心としたアルティメット路線や、大仁田厚が中心となって立ち上げていた、電流爆破や有刺鉄線を用いたデスマッチ路線が何れも劣らない人気を博していた時代でした。
そんな中で旧来の投げ技や跳び技を中心としたプロレスは逆に新鮮でさえありました。綺麗で説得力のある技が次々と生み出され、それがプロレス本来の魅力として、見るものを魅了しました。

f:id:aiwakatsu:20160702113138j:plain

そんな四天王を中心に、不沈艦スタンハンセンや、殺人医師スティーブウィリアムス、暴走狼ジョニーエースら実力派ガイジン勢が絡み繰り広げられるは、90年代を彩った究極のエンターテイメントの一つだったと言えましょう。
ヘビー級戦線だけでなく、ジュニア戦線も熱かったです。当時既におじさんの域だった淵正信が、若手だった菊地毅の前にしつこく立ちはだかるシリーズも、絶対に菊池に華を持たせない淵の厳しさが、非常に面白かった。淵のバックドロップ11連発など、この人は本当に鬼だなと思わされたものです。

f:id:aiwakatsu:20160702113009j:plain

今のプロレスを否定する気はないですが、当時は自分が若かったこともあって、色んなことにのめり込む余裕がありました。もうあんなにのめり込めるスポーツに出会うことはないと思います。
一方で、ハートフルな一面もあるのが、また全日本プロレスの魅力の一つでした。ラッシャー木村のマイクパフォーマンス、悪役商会永源遙と馬場ファミリーのコミカルなタッグマッチ、そしてなによりジャイアント馬場のファンを大切にする姿勢が素晴らしかったです。
私は当時、京都に住んでいたのですが、大阪でビッグマッチがある際には、難波にある府立体育館にいっては、リアル観戦していました。
会場内にあるグッズを販売している売店には、必ず馬場さんが座っており、グッズ購入の際に「サインをお願いします」と頼むと、必ずその場でサインをしてくれたものでした。

f:id:aiwakatsu:20160702112851j:plain

あんなにメジャーな人が、売店に座って全てのファンの依頼に時間無制限で答えていくなど、今となっては考えられないサービスです。それをニコニコと引き受けていた馬場さんの人間の大らかさは今になっても印象的なシーンの一つです。
書き出したらとまらない全日本プロレス四天王時代の思い出、これは一回の記事だけでは終わりそうもないです。
広告を非表示にする