愛とロマンな日常

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛とロマンな日常

私の私による私のためのブログ

クイズダービーと大橋巨泉さんに捧ぐ

その他

大橋巨泉時代のクイズダービーをリアルタイムで観ていた世代です。

クイズダービーは、回答者を競馬の馬に見立て、毎週のテーマに沿って参加した一般人が与えられたポイントを回答者にベットして、10万点を目指すという70年代から80年代に放送された国民的クイズ番組です。

f:id:aiwakatsu:20160722005501p:plain

大橋巨泉と回答者の掛け合いが面白く、土曜の夜7時30分から放送されていましたから、「クイズダービーを観て、8時だョ!全員集合を観る」というのが、子供の頃の黄金パターンとなっていました。

クイズの内容はかなりレベルが高く、知識系の問題もさることながら、とんちを効かせたなぞなぞ系や、ヤマ勘系の問題など、そんなもん知るか!という問題が多かった思い出があります。もっとも、子供の頃の印象ですから、実際はそうでもなかったのかも知れませんがね。

f:id:aiwakatsu:20160722005431j:plain

レギュラー回答者もユニークで、絶妙のスクラムでこの番組を盛り上げていました。特に、1枠、3枠、4枠のレギュラー3人はキャラがしっかり立ってて面白く、これほどバランスのとれた番組にはもうお目にかかれないだろうなと思います。

 

1枠 篠沢教授 

f:id:aiwakatsu:20160722005642p:plain

本当にこの人エラい学者さんなの?というくらい、トボけた回答の連続。オッズも常に7〜10倍。(通常時は10倍が最大。最終問題のみオッズがさらに2倍になる。)

巨泉さんの「なんと教授を除いてみんな同じ答え」といったフレーズや、「なんと〇〇と教授以外全員同じ答え」となった時の〇〇さんの嫌そうな表情が忘れられないですね。子供の頃はよく真似をしていたものです。

でも最近になって当時のデータ見てみたら、なんと勝率(正解率)3割以上あったんですね。予想外でした。

 

3枠  はらたいらさん

f:id:aiwakatsu:20160722005736p:plain

漫画は見たことないけど、当時の子供達で、はらたいらさんの名前を知らない人はいない、くらいに有名でしたね。

出場者の「はらたいらさんに〇〇点」というフレーズのパロディは色々な著作物でも使われたりしています。

有名どころでは、スラムダンクの陵南・魚住なんかもこのフレーズを使っていました。

f:id:aiwakatsu:20160722010846j:plain

はらたいらさんのすごいところは、その凄まじい正解率。特にとんちやヤマ勘系の問題に滅法強く、「宇宙人」のニックネームは伊達ではないなと感心したものです。

 

4枠 竹下景子さん

f:id:aiwakatsu:20160722011056p:plain

見た目通り頭がいい女性だな、という印象でした。この人がいないと番組が無法地帯になります。

3択問題の正解率ははらたいらさんを上回り、巨泉さんからは、「3択の女王」と呼ばれていたのが記憶に残っています。

 

そういえば全盛期は、レギュラーにお笑い芸人いなかったのですね。私は、お笑い芸人嫌いじゃないし、どちらかと言えば好きなんですけど、お笑いはお笑い番組でいいのかなと思ったりします。お笑い芸人を何人も揃える最近の番組がお茶の間に浸透しないのは、案外こういったところに原因があるのかも知れません。老若男女みんなが楽しめることが長く愛される秘訣ではないでしょうか。

 

本当に個性的なレギュラー陣をみてきましたが、やはり大橋巨泉さんの司会ぶりを外してこの番組は語れませんね。

f:id:aiwakatsu:20160722011301p:plain

一般からの参加者への対応も、行き過ぎず、高圧的でもなく、かといって事務的でもないので見てて楽しい。回答者への対応も、嫌味がなく、安心して見てられる、かつ、楽しい。

このバランスは天才的でした。

今の芸能界でこれほどの司会ができるタレントがいるでしょうか。コンビなら数組浮かびますが、単体だといないですね。島田紳助さんは司会が上手かったですが、引退されてしまいました。

「倍率ドン、さらに倍」

 

はらたいらさんに続き、先日、ついに大橋巨泉さんも鬼籍に入られました。昭和がまたひとつ消え去っていくといった感じでしょうか。すこし寂しい気がしますね。

 

そうそう、松崎しげるさんの自称「クイズの帝王」シリーズも面白かったな。この動画なんかは、全盛期のクイズダービーの面白さがよくわかりますよ。見たことない人は、ぜひ。

www.dailymotion.com

広告を非表示にする