愛とロマンな日常

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛とロマンな日常

私の私による私のためのブログ

混雑覚悟でお盆期間中のアンパンマンミュージアムに行ってきました

子育て

息子もそろそろアンパンマン卒業が近いようですので、今のうちにとお盆期間中の横浜アンパンマンミュージアムに行ってきました。

新しく8月11日が山の日となりましたので、少しでも混雑がマシかもしれないと考え、日程は連休の合間となる可能性がある8月12日の金曜日をチョイス。

混雑具合のレポートも含めて記事にします。

横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール

アクセスについて

最寄り駅はみなとみらい線新高島駅か、横浜市営地下鉄ブルーライン高島駅、となっていますが、一番便利なのは横浜駅から送迎バスに乗るルートです。無料でミュージアム入り口まで運んでくれます。

乗り場がわかりづらいのですが、中央南改札から横浜駅東口に出て、地下街に向かう階段を下りずに、その脇にある地上にあがる階段を登ると、係員さんがプラカードを持って案内してくれています。

f:id:aiwakatsu:20160815215853j:plain

送迎バスを使う人はそう多くないようで、一応並びはありますが、ほぼ全員が座れる程度の混み具合でした。

入場までの待ち時間について

埼玉から横浜まで移動しましたので着いたのは昼頃でしたが、それなりの行列になっていました。入場までに30分待ち、入場券の前売りはありませんので、全員が同じ列に並ぶこととなります。

f:id:aiwakatsu:20160815220054j:plain

入場料は、大人・子供ともに税込1,500円です。ミュージアム棟は3階まであり、3階から順に降りていくのが順路となります。

チケット売り場でチケットを購入し、すぐそばのブースでもぎってもらい、入場です。

3階フロア

入場したらまずはエレベーターで3階にあがります。

3階はなかよしタウン、ジオラマメインのフロアです。見れば終わりの展示物ばかりですので回転は早く、さほどストレスを感じずに周ることができました。

f:id:aiwakatsu:20160815220256j:plain

そんな中で、人気のアンパンマン号、ここには行列ができています。20分程の待ち時間でした。中は、運転台が2基備え付けられており、身内であろうがなかろうが、2人1組での利用のルールとなっています。

f:id:aiwakatsu:20160815220440j:plain

子供はそんなこと気にせず遊んでいますが、気になる方は予め要注意ですね。

2階フロア

2階はふれあいタウン。みんなのまちはお店屋さんごっこを楽しむ街で、よくYouTubeの動画などでここで遊んでいるシーンが紹介されていますね。

お店屋さんは結構混雑しており、カウンター越しに記念撮影するお子さんでごった返しています。ですが、ここも回転が早いので、子供が飽きてしまうほどの待ちはありませんでした。

f:id:aiwakatsu:20160815220524j:plain

みみせんせいのがっこうは、常にアンパンマンの知育ビデオが放映されており、1日3回工作教室というイベントが開催されています。今回は工作教室の方はパスしましたが、参加してもよかったかなと後になって思っています。

そして、息子のお目当ては、キッズルーム。くつを脱いであがり、おもちゃで遊べるキッズルームは、ショッピングモールなんかによくあるあれですが、息子はこの類のスペースが大好きで、本日もこのスペースを発見するやいなや、一目散にむかっていきました。

また、キッズルームでは、色々とキャラクターが登場してのイベントが開催されています。私たちはちょうど、「みんなで扇いで!夏まつりきょうしつ」の開催タイミングとスケジュールが合いましたので、結構いい場所で、参加することができました。

f:id:aiwakatsu:20160815220751j:plain

大好きなドキンちゃんとホラーマンを間近でみることができ、息子も大喜びでした。

イベントについて

アンパンマンミュージアムではそのほか、1階のやなせたかし劇場、ミュージアム外のアンパンマン劇場で色々とイベントが開催されています。

今回私たちは、「みんなで扇いで!夏まつりきょうしつ」に結構良い場所で参加できたので、それで満足して他は参加しませんでしたが、時間・お金に余裕のある方は、他のイベントにも参加されてもよいかもしれません。

f:id:aiwakatsu:20160815220850j:plain

待ち時間が持たずに、ショッピングモールエリアで散財することになるかも知れないのが「お金に余裕がある方」とした理由です。その点については後述します。

1階フロア

1階はわんぱくタウン。身体を使って遊べるフロアです。息子は虹のすべりだいが気に入ったらしく、何回も滑って楽しんでいました。

f:id:aiwakatsu:20160815221046j:plain

と、いうよりもむしろ、幼稚園児となった4歳の息子には、アンパンマンミュージアム自体がちょっと物足りなかったのかもしれません。幼稚園にあがる前の幼児が一番楽しめる施設かもしれませんね。

ショッピングモールエリアについて

横浜アンパンマンこどもミュージアム&モールは名前の通り、「アンパンマンの世界が広がる体験型ミュージアムと、ここにしかないアンパンマングッズやたべものがいっぱいのショッピングモール」の二つのエリアで構成されています。

親心としては、好きなものを食べさせてあげたいし、欲しいものを買ってあげたいのですが、色々なブログなどを下調べしたところ、グッズも食べ物もめちゃくちゃ高い。

ランチ一人分が2,000円と紹介されているブログもあります。これが本当だとしたら、 ディズニーリゾートのグルメスポットも顔負けのプライズゾーンです。かなり強気の設定ですね。

また、グッズもどこでも売っているもので、しかも他で買うよりも高いと紹介されているブログもみると、ちょっと買う気は起りません。

むしろ、ショッピングモールエリアに足を踏み入れて、息子にその気を起こさせて、ダメというのも余計によくないなと思い、今回は最初から足を踏み入れずに敬遠することとしました。

最後に

入場するまでは結構な行列で、中は結構込み合っているだろうなと覚悟していましたが、概ね快適で中で長い時間待つということもありませんでした。

息子はもう4歳半になりますので、再訪の可能性は低いですが、まだ幼稚園にあがる前のお子さんをお持ちの親御さんは、思い出作りも込みで、一度来訪されてもよいかなと思います。