愛とロマンな日常

愛とロマンな日常

私の私による私のためのブログ

通販で売っている姿勢矯正ベルトを4年間使い続けた結果

よく通販なんかで4・5千円前後で販売されている姿勢矯正ベルトを4年程前に購入し、断続的に使い続けています。

子供の頃から猫背だ、姿勢が悪いと親から注意を受けていたので、付けるだけでそれが治るんならいいんじゃね、とズボラかまして購入したのがキッカケです。

途中でやめたり、また始めたりしたので、ずっと続けていた訳ではないですが、なんだかんだで4年たった今でも仕事中は毎日つけています。

購入したものが何であったかすら忘れてしまって調べようもないのですが、どれも似たようなもんだろと、4年越しのレビューを書いてみます。

姿勢強制ベルトってどんなものだっけ

姿勢矯正ベルトとは、例えばこういうものです。

中山式 脊椎医学 キョウセイベルト メッシュ Mサイズ ウエスト 65~85cm 身長 155~165cm

中山式 脊椎医学 キョウセイベルト メッシュ Mサイズ ウエスト 65~85cm 身長 155~165cm

 

私の購入したものは、これそのものではないと思いますが(いや、ひょっとしたらこれそのものだったかもしれない。似てる。)、両肩を通し、腹部をマジックテープで留めることによって、両肩が後ろ及び下に引っ張られ、背筋を伸ばした姿勢が維持できるというものです。

f:id:aiwakatsu:20160907231111j:plain

着用感など。

着用していると、確かに両肩が斜め下かつ後方に引っ張られ、いわゆる「背筋が伸びた姿勢」になります。背筋を丸めようと思えば丸められないこともないのですが、無意識に背筋を丸めることはなくなるようです。

で、これ、ウエストベルトを引き下げて矯正効果を高めるのですが、時間が経つにつれてウストベルトがずり上がり、胸部を圧迫するポジションに動いてしまいます。こうなると結構うっとおしく、仕事中の場合はトイレに立ってウエストベルトを引き下げなおさなければならないのが厄介です。

別記事にあるダイエットを始める前などは、引き下げたウストベルトを腹の下に入れ込んで固定させて、より効果を高めていました。

初めの頃は、肩にベルトの跡がのこりましたが、慣れてくるとそれはなくなります。

両肩にベルトを通すため、ベルトがワキに食い込みます。夏場は、下着を通して汗を吸い込んでしまいますので、こまめに洗濯が必要ですね。

着用時間など

注意書きには、最初は短時間の着用で様子を見てくださいとあったと記憶しておりますが、私は早く効果を得たくて、最初から一日中付けっ放しにしていました。

たぶんあまりよくないのだと思います。注意事項に記載の通り、徐々に慣らしていくのがよいでしょう。

今の私は、仕事の日は朝8時頃から夜の10時頃まで、ほぼ一日中着用しています。慣れてくると、これくらいの時間を着用していても、問題ないのでしょう。

効果について

冒頭に触れた通り、結局、なんだかんだで4年間しっかり着用してきました。通販ですから、販売側もおそらくこんなに長い間、しっかりと着用する人がいるとは、あまり想定していなかったのではないかと思います。

じゃあ、どれほどの効果があったのかというと、私の場合、正直、着けてる間しか効果がありません。

休日などは一日中着けずにリラックスしているのですが、無意識な最中は、どうも猫背くせの姿勢がなおって、背筋がなおっているようには思えないのです。

確かに慣れてきたので、四六時中、着用していてもあまり苦にはなりません。そういう状態にはなりましたので、その点は効果があったののかもしれません。

では着用している間には効果があるのかというと、これは先程も述べましたが、着用している間は効果は出ているようです。

例えば、猫背の人は、背中が丸くなるので、まっすぐ前を見るために、常に首を上向きに曲げて、顎を上げるクセがついてしまっていることが多いです。ですが、背筋を伸びてしまっているため、首を上向きに曲げることができないので、首がこってしまいます。これは無意識の時でも、背筋がしっかりと伸びている証拠だといえましょう。

最後に

4年間も続けているので、ベルトを着けて矯正されていること自体に違和感を持たなくなっており、よって四六時中着用することがそこまで苦痛ではなくなっております。そういう面では、常に姿勢が矯正されているので、効果がなかったとは言えないと思います。

ただし、ベルトを外した場合、姿勢の矯正効果が持続するかどうかについては、疑問符が残る結果と言えましょう。

ま、もうしばらくこのまま続けて、本当に矯正ベルトを外した後も効果持続するようになるのかどうか、試してみてもいいかなと思っております。